/

この記事は会員限定です

非核化膠着、米が揺さぶり 国務長官の訪朝中止

後ろ盾の中国にも不満

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅、ソウル=鈴木壮太郎】トランプ米大統領は24日、ポンペオ国務長官が8月末に予定していた北朝鮮訪問の中止を指示した。膠着している非核化の交渉中断も辞さない構えで北朝鮮を揺さぶり、打開につなげる思惑とみられる。北朝鮮の後ろ盾である中国への不満も隠さず、非核化と絡む構図で米中貿易戦争が激化していく恐れもある。

「朝鮮半島の非核化に十分な進展がみられない」。ポンペオ氏の訪朝発表から一夜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン