/

移動支援ロボがパレード つくば、車道で初実験

茨城県つくば市で25日、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」など、4種類計7台の移動支援ロボットが中心部をパレードした。実用化に向けた実証実験の一環で、市によると、車道を走る実験は国内で初めて。

茨城県つくば市の中心部をパレードする移動支援ロボットの列。先頭は五十嵐立青市長(25日午後)=共同

7台の移動支援ロボットは、市内で開かれた夏祭り「まつりつくば」のパレードに加わり、マーチングバンドなどを先導する形で、通行止めになった約1.5キロの区間を30分かけて行進した。

セグウェイを操縦した五十嵐立青市長は「スムーズな走行が確認できた。車道を使うことができれば、短距離の移動や観光資源としてなど、さまざまな応用の可能性が広がる」と話した。

移動支援ロボットの公道での走行は、従来は歩道に限られていたが、警察庁が今年3月、道路使用許可に関する通達を改正。車両通行止めの交通規制をした車道でも走れるようになった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン