離島防衛 機動力確保へ前進
佐賀県、オスプレイ受け入れ

2018/8/26 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

佐賀県が24日に新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備の受け入れを表明したことで、政府の計画は前進する。防衛省は離島奪還・上陸作戦を展開する陸上自衛隊の「水陸機動団」の輸送手段として南西諸島防衛の機動力向上につなげる。

防衛省はオスプレイを2021年度までに計17機導入する計画だ。今秋にはまず5機が米国から到着する見込み。相次ぐ米軍のオスプレイの事故や2月に佐賀県神埼市で起きた陸自ヘリの墜落で県との…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]