/

この記事は会員限定です

日の丸カジノ、争奪はや過熱

3枠巡り誘致合戦、自治体・企業が火花

[有料会員限定]

統合型リゾート(IR)実施法が7月に成立し、2020年代半ばにも日本初のカジノ施設が誕生する。数兆円規模とみられる経済効果を巡り、自治体の「日の丸カジノ」誘致合戦が熱を帯びている。

経済効果は数兆円規模

「どの自治体にカジノを作るのか、認定を早く決めてほしい」。IR実施法の成立から約2週間後の8月上旬、都内の一室に自治体の観光担当者らが集まった。内閣官房による「IR説明会」に参加するためだ。3日間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン