/

大飯・高浜原発の同時事故想定で初訓練 政府

(更新)

政府は25日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)と高浜原発(同県高浜町)で同時に事故が起きたと想定した原子力総合防災訓練を実施した。近接する複数原発の事故を想定した国による訓練は初めて。政府や関電のほか、半径30キロ圏内の住民など、26日までの2日間で約190機関、過去最多となる約2万1600人が参加する見通し。

原子力防災訓練で更田原子力規制委員長(左端)の報告を聞く安倍首相と閣僚ら(25日午後、首相官邸)

大飯、高浜両原発は直線で約14キロしか離れていないが、政府が了承した両原発の住民避難計画は同時事故を想定していない。政府は現行計画で対応可能とし、今回の訓練で実効性を検証するとしている。

訓練は、午前8時に京都府北部を震源とする地震が発生し、大飯原発の原子炉を冷却できなくなったうえ、高浜原発でも送電線のトラブルなどで事故に至ったとの想定。

福井県庁の災害対策本部では、滋賀県や京都府などとつないだテレビ会議で原発周辺住民の避難方針を確認。大飯原発から約2キロのおおい町大島地区では、要支援者らが海上自衛隊のヘリコプターに乗り込み、福井県敦賀市の病院に向かった。

事故発生当初は両原発の周辺に1カ所ずつある対応拠点「オフサイトセンター」でそれぞれ対応したが、進展に伴いおおい町に一元化することを決め、同町のセンターに現地対策本部を設置した。

両原発で原子炉の冷却機能が低下してきたことを受け、政府は関係省庁の担当者による合同会議を開催、福井県などと結んだテレビ会議で被害や避難の状況を共有した。

26日は、自衛隊の船舶や大型ヘリコプターなどを使った広域避難の訓練を実施する予定。

現在、大飯3、4号機が営業運転中で、高浜3、4号機は定期検査中。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン