2018年10月17日(水)

50代警視あおり運転疑い 長崎県警が書類送検

九州・沖縄
2018/8/25 8:57 (2018/8/25 9:57更新)
保存
共有
印刷
その他

長崎県警の50代の男性警視が女性が運転する車にあおり運転をし、軽傷を負わせたとして今年1月に自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで書類送検されていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。警視は今月10日付で不起訴処分になった。

捜査関係者によると、警視は昨年4月、非番の際に同県時津町の一般道で車を運転中、女性の車に幅寄せをしたり前方に回り込んで急ブレーキをかけたりし、首を捻挫させるなどした疑い。

2人の間に面識はなく、女性は県警へ通報した。事情聴取に警視は、女性の運転マナーを注意するために停止させようとしたと説明。「あおるつもりはなかった」と話したという。

書類送検したことや内部処分の有無を発表していない理由を、県警関係者は「任意捜査だったため、必要がないと判断した」としている。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報