2018年11月19日(月)

メキシコGDP、4~6月期は2.6%増 確定値

中南米
2018/8/25 2:51
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコの国立統計地理情報院(INEGI)が24日発表した2018年4~6月期の実質国内総生産(GDP)の確定値は前年同期比2.6%増となった。製造業や建設業の伸びが石油など鉱業の落ち込みを吸収し、第2次産業がプラス成長に転換した。メキシコのGDP成長率は鈍化が続いてきたが、16年10~12月期以来6四半期ぶりに拡大した。

建設業や製造業が成長をけん引している(メキシコシティ新空港の建設現場)=ロイター

農業など第1次産業は1.8%増となった。5.4%増となった1~3月期から伸び率は縮小したが、第3次産業が金融や情報サービスの好調で3.3%増と過去1年では最大の成長をみせたことも成長率拡大に貢献したようだ。

季節調整済みの前期(1~3月期)比は0.2%のマイナスとなった。第1次産業が2.1%、第2次産業も0.3%のそれぞれ減少となった。第3次産業は0.2%増だった。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報