/

この記事は会員限定です

富士通、「脱メーカー」の先に問われる稼ぐ力

証券部 菊池貴之

[有料会員限定]

かつて、パソコンや半導体などを持つ電機メーカーとして存在感を誇った富士通。しかし今、同社が生産しているハード製品は大幅に減った。2015年に就任した田中達也社長のもと、ものづくりでなく、サービスやソフトウエアで成長していく「形」の変化は最終コーナーを回ったといえる。一方、19年3月期の連結売上高営業利益率の見通しは3.6%で、「10%以上」とする目標にはほど遠い。これからは稼ぐ力を伴う「質」が問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン