/

この記事は会員限定です

スマート農業、サービス続々 ドローン貸し出しなど 猛暑で

[有料会員限定]

猛暑による農作業への影響が課題になる中、ロボットや通信技術を生かすスマート農業に注目が集まっている。特に今年から来年にかけ、従来に比べ低価格の機械やサービスが相次ぎ登場する。大規模法人でなくともロボを利用し、深刻化する人手不足にも対応するケースが増えそうだ。

農業技術ベンチャーのナイルワークス(東京・渋谷)は、来年から農業用ドローンのレンタルを本格化する。従来の無人ヘリコプターだと1台1300万円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン