2019年6月18日(火)

貿易戦争 中国の王岐山氏 米国に協調呼びかけ

2018/8/24 21:14
保存
共有
印刷
その他

【北京=永井央紀】中国の王岐山国家副主席は24日、米中貿易戦争について「客観的データを基に理性的な認識を持つべきだ」と述べ、相互依存関係にある米中は協調すべきだと訴えた。「中国の内政は国民のより良い生活へのあこがれを実現することが大事で、そのためには平和発展が必要だ」とも強調。「中国と世界は切り離せない。貿易摩擦はあっても貿易戦争の認識はない」とも語った。北京を訪問した日中協会の野田毅会長との会談で述べた。

日中関係については「改善の勢いを実感している。互恵関係を実現できると自信を深めている」と発言。年内の安倍晋三首相の訪中や、来年の習近平(シー・ジンピン)国家主席の来日を念頭に要人往来を推進することで野田氏と一致した。

王氏は習主席の盟友で、3月に国家副主席に就任して以降、日本の要人と公式に会談したのは初めて。首相の訪中に向けて、関係改善の雰囲気を醸成する動きの一環とみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報