2018年9月21日(金)

食品の異物、AIで探知 農水省、自動検品技術開発へ

経済
2018/8/24 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 農林水産省は食品メーカーの業務を効率化するため、検品作業を自動化する技術を2019年度から開発する。人工知能(AI)が食材の画像を診断して、昆虫などの異物が混入していないかどうかを調べる仕組み。人手に依存した検品作業を自動化することで、製造業の中でも見劣りしている食品メーカーの労働生産性を高め、人手不足の解消につなげる。

 自動化技術の開発に取り組むベンチャー企業や大学、研究機関などを19年にも公…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報