関電高浜4号蒸気漏れ、パッキンのへこみが原因
発送電を9月上旬に延期

2018/8/24 20:30
保存
共有
印刷
その他

関西電力は24日、定期検査中の高浜原子力発電所4号機(福井県高浜町)で、原子炉容器の温度計引出管接続部から、蒸気が漏れ出た原因を発表した。蒸気漏れを防ぐステンレス製のパッキンと引出管の支持筒の間になんらかの異物が挟まり、パッキンにできた直径約0.3ミリのへこみから漏れ出したと見ている。

蒸気は微量で原子炉格納容器外には出ておらず、けが人や環境への影響はなかった。トラブルに伴う再検査により、8月24日としていた発送電の開始時期は9月上旬に先送りする。関電の業績への影響は数億円程度とみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]