/

この記事は会員限定です

給油所が頼る東商取の石油スポット 小口取引で調整弁に

[有料会員限定]

東京商品取引所の石油スポット(業者間転売)市場に活気が戻りつつある。給油所などが利用する小口の取引の成約件数が増えている。業界再編の影響でスポット市場に出回る余剰品が減るなか、仕入れが難しくなった業者が東商取のスポット市場を新たな調達先として利用し始めたことが背景にある。

スポット市場は、石油元売り会社や商社などが元売りブランドにひも付かない余剰の石油製品をやりとりする市場の総称。ジェイオイルエク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン