2019年1月22日(火)

マグロ 毎日解体ショー 大起水産、堺に大型施設

2018/8/24 19:38
保存
共有
印刷
その他

鮮魚販売・飲食店経営の大起水産(堺市)は24日、堺市内でマグロを目玉にした商業施設「街のみなと まぐろパーク 堺本店」を開業した。既存の店舗を4倍に広げ、220席のフードコートを設けたほか、マグロの解体ショーを毎日開催する。店舗単体の年間売上高は拡張前より10億円多い22億円を見込む。

ショーで解体したマグロを造りや握りずしで味わえる(24日)

堺中央綜合卸売市場内の既存店を拡張し、敷地面積を約2880平方メートルにした。従来から販売していた鮮魚、刺し身、すし、総菜などに加え、肉類や野菜の品ぞろえを強化する。フードコートも新設し、生マグロを使ったすしや丼などが食べられるようにした。

従来は週1回だったマグロの解体ショーを、拡張後は年始の休業日を除いて毎日開催する。さばいたマグロを造りや握りずしで食べてもらう。機械で巻きずしをつくるコーナーも設け、食のテーマパークとして楽しめるようにした。佐伯保信会長は「これまでは少なかった子供連れの客にきてほしい」と話している。大起水産の売上高は2017年8月期で約124億円。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報