高校野球

球数制限、政界も関心 金足農エースの連投

2018/8/25 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

21日に閉幕した全国高校野球選手権は公立の金足農が秋田勢として103年ぶりに決勝進出し、話題になった。エースの吉田輝星投手は地方大会初戦から甲子園の準決勝まで10試合連続完投勝ち。甲子園では881球を投じた。一人でマウンドを守る奮闘が賛辞を集めた一方、起用方法には批判もある。球数制限の是非を巡る議論は政界も関心を寄せている。

西村康稔官房副長官は「選手のキャリアを長い目で考え、どういうやり方がい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

甲子園球場

 日本高野連は29日、大阪市内で理事会を開き、来春の第92回選抜大会を含む春季大会から「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限の実施を決めた。日本高野連と都道府県高野連が主催する公式戦 …続き (29日 21:11)

2020年4月にオープン予定の野球場(完成イメージ図)

 堺市は22日、中区で建設している原池公園野球場の命名権(ネーミングライツ)の売却先を、くら寿司に決めたと発表した。来年4月のオープン時に呼称が「くら寿司スタジアム堺」となる。命名権料は年500万円( …続き (22日 20:00)

 高崎健康福祉大高崎戦に登板し、無安打無失点と好投した中京大中京・高橋宏=共同

 六回から登板した中京大中京のエース高橋宏が4回を無安打に抑える圧巻の救援でチームを初優勝に導いた。「直球の走りはよくなかったので、打たせて取る投球とリズムを意識した」。直球と習得したてというカットボ …続き (20日 23:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]