/

この記事は会員限定です

球数制限、政界も関心 金足農エースの連投

[有料会員限定]

21日に閉幕した全国高校野球選手権は公立の金足農が秋田勢として103年ぶりに決勝進出し、話題になった。エースの吉田輝星投手は地方大会初戦から甲子園の準決勝まで10試合連続完投勝ち。甲子園では881球を投じた。一人でマウンドを守る奮闘が賛辞を集めた一方、起用方法には批判もある。球数制限の是非を巡る議論は政界も関心を寄せている。

西村康稔官房副長官は「選手のキャリアを長い目で考え、どういうやり方がいい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン