2018年11月19日(月)

なぜ「ポマード」は復活したのか マンダムの挑戦

コラム(ビジネス)
ヘルスケア
2018/8/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

刈り上げと長髪をツーブロックに分ける「ネオクラシカル」や、七三でびっしりと決める「バーバースタイル」。欧米で始まり、いまやアジア各地に広がっているレトロな髪形の流行に一役買ったのが整髪料のマンダムだ。昔なつかしい「ポマード」がアジアの若者の心をつかみ、再び日本で支持を得た道のりは長かった。

■高温多湿のアジアで復権

27日、マンダムは昔懐かしい整髪料「ポマード」を復活させた「グリース」の新製品を発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報