/

この記事は会員限定です

アサヒビール、32年ぶり外部から取締役 デジタル改革担う

[有料会員限定]

アサヒビールがラベルプリンター大手サトーホールディングス(HD)前社長の松山一雄氏(58)を専務に迎える人事を決めたことが24日、分かった。9月1日付で就く。外部から取締役を迎えるのは32年ぶり。国内のビール系飲料市場が縮小するなか、松山氏の持つデジタルビジネスのノウハウで新たな市場を掘り起こす。

樋口元社長以来の外部

アサヒビールが社外から取締役を迎えるのは、住友銀行(現・三井住友銀行)の出身で1986年に社長に就き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り609文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン