/

朴槿恵前大統領、二審も実刑 懲役25年、罰金20億円

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の財閥から巨額の賄賂を受け取った罪などに問われている朴槿恵(パク・クネ)前大統領(66)の控訴審判決公判が24日、ソウル高裁であり、懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)を言い渡した。

検察は朴被告がサムスングループの経営権継承を支援する見返りにサムスンから433億ウォンの賄賂を受け取ったなどとして、懲役30年、罰金1185億ウォンを求刑していた。一審は懲役24年、罰金180億ウォンの実刑判決で、検察は直ちに控訴したが朴被告側は控訴しなかった。

高裁はサムスンが朴被告の共犯である崔順実(チェ・スンシル)被告の娘が乗馬選手として活動する費用を提供したことを一審判決どおり朴被告の収賄と認め、崔被告が関わった組織への資金支援も新たに収賄と判断。一審より量刑を重くした。

同高裁は崔被告にも懲役20年、罰金200億ウォンを言い渡した。一審判決より罰金が20億ウォン増えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン