2018年9月20日(木)

飽和した「モノ」 「コト」こそが価値
平成の30年 パラダイムシフト(7)

平成の30年
2018/8/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 モノの所有から、コト(体験)の共有へ。平成を通じ、消費者が求める価値は大きく転換した。バブル景気が生んだモノの飽和に加え、その後のデフレによる物価の低下、都市への人口集中、スマホの普及など生活者を取り巻く環境が様変わりしたことも人々の意識の変化を加速。流れをとらえた企業に成長をもたらしている。

 「捨てなきゃいけない――これが、現代に生きている私たちにとっての至上命題だ」。こんな書き出しの本が20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報