/

任天堂、「明快で軽快なUI」秘訣は0.1秒アニメ

日経クロステック

任天堂は、2018年8月22日から24日まで横浜市のパシフィコ横浜で開催されたゲーム開発者会議「CEDEC 2018」(コンピュータエンターテインメント協会主催)の展示ブースで、ゲーム機の「明快で軽快なユーザーインターフェース(UI)」開発の秘訣を示すデモを披露した。

ブースに家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を2台設置し、開発中バージョンと製品バージョンを比較して体験できる。ブース左側の開発中バージョンの画面では、アニメーションが一切省かれている。ただしこのままではユーザーが操作しても反応が乏しく操作に戸惑う。

任天堂の開発チームはこのバージョンを操作して、違和感がある部分に0.1秒程度のごく短いアニメーションを挿入する作業を重ねたという。例えば、メニューの端で矢印ボタンを操作すると、一瞬だけ画面が振動するアニメーションを挿入して先に進めないことを示す。「ニュース」などのアイコンを選択すると、一瞬だけ画面が切り替わる演出を挿入してからニュース画面を表示する。

ブース担当者によれば、過去の任天堂のゲーム機ではアニメーションを多用しすぎ、かえって使い勝手が悪くなった反省があったという。ニンテンドースイッチではスムーズに動作しつつ、ユーザーにとって違和感がないようなUIを目指した。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年8月23日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません