/

台風20号、西日本各地に爪痕 東北・北海道で大雨警戒

(更新)

台風20号は24日午前、日本海上を北に進んだ。同日夜に温帯低気圧に変わる見通し。台風が通過した近畿地方では1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り、和歌山県で熊野川が氾濫。延べ25万軒が停電した。鉄道の運休も相次ぎ、24日朝の通勤の足に影響を与えた。

兵庫県淡路市の北淡震災記念公園で倒れた風車(24日)=共同

気象庁によると、台風20号は23日午後9時ごろに徳島県南部に上陸した後、24日午前0時前に兵庫県姫路市付近に再上陸し、近畿地方を縦断して日本海に抜けた。正午時点で石川県輪島市の北約270キロの海上を時速約45キロで北北東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカルで、今後は前線を伴って北海道に接近する見通し。

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲

台風の影響で南から湿った空気が流れ込み、東日本を中心に雨が続く。25日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で東海、北海道150ミリ、四国、関東甲信、東北120ミリ、近畿100ミリ、北陸80ミリ。

24日までの24時間に奈良県上北山村で最大503.5ミリ、和歌山県田辺市で最大454ミリの大雨が降った。

雨や風の影響で、西日本各地で被害があった。総務省消防庁によると、台風による負傷者は1府6県で計13人。奈良県や和歌山県などの住宅12棟で浸水などの被害があり、24日午前5時時点で約1万2千人が避難している。和歌山県によると、24日未明、同県新宮市を流れる熊野川の中流域で氾濫が発生した。

関西電力によると、午前7時までのまとめで、のべ約25万1千軒で停電が発生した。このうち和歌山県や兵庫県など2府5県の約1万8千軒が午後0時45分時点で未復旧だった。

JR西日本によると、台風の影響で北陸線の敦賀―長浜間、山陽本線の姫路―上郡間などが24日始発から運転を見合わせた。日本航空も24日朝に中部や伊丹などの空港を出発予定だった15便を欠航した。

安倍晋三首相は24日午前、首相官邸で開いた西日本豪雨の非常災害対策本部会議で、台風20号に関して「過ぎ去った地域を含めて大雨が続く恐れがある。河川の増水や土砂崩れの発生に警戒を続けてほしい」と呼びかけた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン