2018年11月17日(土)

11/17 7:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,680.34 -123.28
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,650 -170

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

トランプ氏「弾劾なら株クラッシュ」

2018/8/24 9:19
保存
共有
印刷
その他

ニューヨーク市場の話題は、圧倒的にトランプ大統領のスキャンダルに集まっている。米中通商対話が終了したが、経済紙の電子版アクセスランキングを見ても上位はほとんどトランプ側近の有罪関連記事が並ぶ。米中貿易戦争の関連記事が埋もれている。ここに日米市場の温度差を感じる。

トランプ氏は反論の中で、浮気相手の女性への口止め料支払いは認めた。しかし「自分の財布から出たカネ」で、選挙資金法には抵触せずとの見解だ。マイケル・コーエン元顧問弁護士に対しては、裏切り者扱いで「小物弁護士で、彼を使うことは薦めない」とこき下ろす。コーエン氏の弁護士は「私の顧客は、モラー特別検察官が興味あることを語るかもしれない」と意味深に述べている。一方、マナフォート元選対本部長には同情的で「いい奴だ。ワシントンのロビイストなら普通にやっていること」と弁護している。

市場が注目したのは「私が万が一弾劾されたら、市場はクラッシュになる。皆が貧しくなる」との脅しめいた発言だ。「減税、規制緩和で絶好調の経済に貢献した人物をなぜ弾劾できるのか」と語る。

市場は、弾劾の可能性は非常に低いとみているのに、あえて引き合いに出すことで、自らの本音の心配をさらしているようなもの、とみられてしまう。

ジャクソンホールでの中央銀行フォーラムでパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が何を語るか注目されているが、その発言に対するトランプ・ツイートも市場はフォローすることになりそうだ。

なお、ジャクソンホールで市場の関心は、パウエル氏が米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で使った「for now(当面)」の一言。「緩やかな利上げを続けます、当面は」と最後にポツリと付け加え、これが何カ月程度を意味するのか、市場には様々な観測が流れた。イエレン氏はフォワードガイダンスで「for an extended period」という「当面」よりは長い期間が連想される表現を使っていた。for nowとは口語的表現でおよそ堅い中央銀行家らしくない物言いだが、タカ派的発言と解釈されている。

ちなみに前回の金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁も「for an extended period」という英語表現を使う一幕もあった。今回のジャクソンホールでは、BOJ日銀への注目度が非常に高いことが特徴だ。欧米市場では「ベイビーステップ=赤ちゃん歩きペースの緩和解除」とみられている。

なお、ジャクソンホール会議直前の債券市場では、米10年債と2年債利回り格差がいよいよ0.2%ギリギリまで縮小してきた。

30年債 2.98%

10年債 2.82%

5年債  2.72%

2年債  2.62%

3か月債 2.08%

アンクルサム(米国のニックネーム)に3か月貸しても、30年貸しても、金利は2%台。どうみても異常な状況だ。市場では「2%クラブ」と言われる。

この現象が景気後退の前兆なのか。議論は分かれる。ジャクソンホールでもホットな話題になりそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ