2018年9月25日(火)

米中事務レベル協議が終了 米、知財侵害対策を要請

トランプ政権
米中衝突
貿易摩擦
中国・台湾
北米
2018/8/24 7:42
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=鳳山太成】米中両政府は23日、貿易問題を巡る事務レベル協議を終えた。ホワイトハウスによると、中国に対して知的財産侵害の問題への対処を求めたようだ。両国は同日、160億ドル(約1兆8千億円)分の輸入品に追加関税をかけ合うなど対立が激しくなっている。トランプ米大統領が協議を踏まえて今後の対応を決めるが、中国への強硬姿勢を和らげるかは不透明だ。

貿易問題を巡る事務レベル協議に臨む中国の代表団=ロイター

 協議はワシントンで22日から開いた。マルパス米財務次官と中国の王受文商務次官が参加した。

 ウォルターズ米大統領副報道官は声明で「公正で均衡の取れた、互恵的な経済関係を築く方法を意見交換した」と説明。米政府の報告書で指摘した知財侵害や過剰な補助金政策など「中国の構造問題への対処」を話し合った。人民元相場も議題に上ったとみられる。

 中国商務省は24日、貿易問題を巡る米中の事務レベル協議について「建設的で率直な交流ができた。双方は次の協議に向けて接触を続ける」とする声明を発表した。

 トランプ政権は中国に対し、ハイテク分野に巨額の補助金を振り向ける中国の産業振興策「中国製造2025」の取り下げや知財保護の強化を求めている。中国がどこまで譲歩するかが大きな焦点となっている。

 米中の公式対話は6月初旬以来。両政府が新たな関税をかけ合う中での協議となった。トランプ氏はさらに2千億ドル分への関税発動も視野に入れる。事前に今回の協議について「多くの進展を期待していない」と語っており、米中の対立緩和につながるかは見通せない。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報