2019年1月18日(金)

水中プラ、分離・分析簡単に 千葉工大が新技術

コラム(ビジネス)
コラム(テクノロジー)
2018/8/24 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉工業大学の亀田豊准教授らは、水中のプラスチックの微粒子を簡単に分離して測定する技術を開発した。有機物やゴミなどを薬品を加えて沈め、プラ粒子だけを含む上澄みを専用の測定器で解析する。従来は顕微鏡を使ってピンセットで拾い上げていた。海や河川などに漂うプラ微粒子の調査などに活用する。

プラスチックの微粒子は「マイクロプラスチック」と呼ばれる。プラスチックは分解されにくく、小さいほど有害物質を吸着し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報