見透かされる「縮む日本」 中国、買い手の主役
LNG黄金時代と日本(上)

2018/8/24 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の液化天然ガス(LNG)の需要が急増している。なかでも中国が環境対策で石炭・重油からガスへの燃料の転換を進めており、輸入量が2025年ごろに日本を追い抜き世界一となりそうだ。米国産シェールガスの供給が増えても世界の需要が生産能力を上回る「LNG不足」も現実味を帯びる。エネルギー戦略に揺らぎが見える日本はついて行けるのか。

オーストラリア北部ダーウィンを7月下旬に訪れると、国際石油開発帝石が主…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]