/

板金業向け生産管理ソフト、ニュートラルが開発

システム開発のニュートラル(名古屋市)は中小の板金業向けに開発した生産管理システムを9月から販売する。受注や手配、出荷などの作業工程が一目で分かる。多品種少量生産で納期が短いなど板金業ならではのニーズに対応し、手配漏れなど作業ミスを減らすことで効率化につなげる。

3次元(3D)のCAD(コンピューターによる設計)など板金業向けシステムを手がけるエフエーサービス(横浜市)と共同開発した。価格は400万円から。今後3年間で100社の導入を目指す。

板金のレーザー加工やレーザー溶接など工程の順番や作業時間などを登録して使う。一部の工程を外部に委託する場合には委託先も登録できる。作業漏れや発注先との連携ミスを抑制できる。

ニュートラルは豆蔵ホールディングスの傘下企業。今後、モノのインターネット「IoT」の機能を持つ生産設備とシステムを連携させた製品の開発も進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン