板金業向け生産管理ソフト、ニュートラルが開発

2018/8/23 20:30
保存
共有
印刷
その他

システム開発のニュートラル(名古屋市)は中小の板金業向けに開発した生産管理システムを9月から販売する。受注や手配、出荷などの作業工程が一目で分かる。多品種少量生産で納期が短いなど板金業ならではのニーズに対応し、手配漏れなど作業ミスを減らすことで効率化につなげる。

3次元(3D)のCAD(コンピューターによる設計)など板金業向けシステムを手がけるエフエーサービス(横浜市)と共同開発した。価格は400万円から。今後3年間で100社の導入を目指す。

板金のレーザー加工やレーザー溶接など工程の順番や作業時間などを登録して使う。一部の工程を外部に委託する場合には委託先も登録できる。作業漏れや発注先との連携ミスを抑制できる。

ニュートラルは豆蔵ホールディングスの傘下企業。今後、モノのインターネット「IoT」の機能を持つ生産設備とシステムを連携させた製品の開発も進める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]