2018年9月26日(水)

若者よ、パリで起業せよ 仏著名事業家の思い

スタートアップ
ヨーロッパ
2018/8/27 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 世界最大のスタートアップ育成施設「ステーションF」がパリに開所し1年あまりが過ぎた。これまで約1万1千件の入居希望があり約1千社が入居。うち3割は外国企業と国内外で高い関心を集める。設立費用約3億ユーロ(約390億円、計画を含む)を個人で出資した実業家グザビエ・ニエル氏は日本経済新聞の取材に応じ、「フランスのイメージが変わりつつある」と手応えを語った。

 「若者を受け入れる世界最大の施設にしたかっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報