東レが合繊値上げ 原油高などコスト増転嫁

2018/8/23 19:08
保存
共有
印刷
その他

東レは23日、9月出荷分からナイロン繊維とポリエステル繊維を1キロ10円、アクリル繊維を同70円値上げすると発表した。ナイロン繊維とポリエステル繊維は1月、アクリル繊維は2013年2月以来の値上げ。中国の環境規制や原油高によるコスト増を転嫁する。

合成繊維は衣料の主原料になる

ナイロン原料のカプロラクタム価格は年初比で5%、ポリエステル原料のPTA(高純度テレフタル酸)は2割上昇している。アクリル原料のアクリロニトリルは前年同期比4割高い。東レは「原料価格高騰が著しく、自助努力では対処できない水準」としている。

ポリエステル大手の帝人は「原料価格を注視し、値上げなどを検討していく」構えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]