/

強い台風20号、西日本直撃 大雨や暴風、高潮に警戒を

(更新)

強い台風20号は23日午後9時ごろ徳島県南部に上陸し、瀬戸内海に抜けて24日午前0時前、兵庫県姫路市付近に再上陸した。同日未明には日本海に進み、25日には台風19号とともに温帯低気圧に変わって北海道に近づきそうだ。大阪、京都両府と滋賀、和歌山、徳島各県では強風にあおられて転倒した7人がけがをした。台風通過後も雨が残る地域があり、西日本豪雨の被災地などで土砂災害の恐れがある。気象庁は暴風や高波、高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。台風が近づく海域は猛烈なしけも見込まれる。

気象庁によると、23日夜以降、神戸市の神戸空港で1時間に136ミリ、和歌山県古座川町で89.5ミリ、三重県大台町で63.5ミリ、徳島県上勝町で62.0ミリの非常に激しい雨を観測。和歌山・友ケ島で48.6メートル、高知県室戸市で45.2メートル、徳島県阿南市で42.6メートルの最大瞬間風速を記録した。和歌山県新宮市では熊野川が氾濫。京都府と山梨、三重、兵庫、奈良、和歌山、徳島各県の一部自治体には土砂災害警戒情報も出た。

25日午前0時までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で四国と東海250ミリ、近畿200ミリ、関東甲信180ミリ、中国150ミリ、北海道130ミリ、北陸120ミリ。

台風は24日午前0時現在、姫路市付近を時速35キロで北に進んだ。中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の南側150キロ以内と北側90キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

静岡市の海岸では23日午前、大学生の男女3人の行方が分からなくなったことが判明。流された可能性があり、警察や消防が周辺を捜索した。

23日は西日本の空港などを発着する350便以上が欠航。24日も60便以上の欠航が決まった。また、鉄道もJR西日本が山陽新幹線や京阪神地区の在来線の最終を繰り上げるなどの影響が出た。

台風の影響で中部電力関西電力四国電力の管内で停電が相次いだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン