/

長野県松本市、ICT活用のビジネス拠点

長野県松本市は、ICT(情報通信技術)を活用した新たなビジネス拠点を来年11月に開設する計画だ。場所は市内中心部にある「NTT東日本大名町ビル」に入居し、テレワークオフィスや共用のコワーキングオフィスなどを設置する。

松本ものづくり産業支援センターが事業主体となって整備に取り組む。面積は約1000平方メートルで、託児施設も設置してテレワークの業務に参加しやすい環境にする。またサテライトオフィスも設置する計画で、企業の誘致活動も始める。

同市は5月、郊外にある同センターにテレワークオフィスを設置し、テレワーカーを登録するとともに業務を開始した。今回の拠点と合わせて2カ所にテレワークオフィスができることになる。ICTの活用セミナーや子供を対象にしたプログラミング教室を開催するなど、人材育成のイベントも予定している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン