/

この記事は会員限定です

新明和、「物言う株主」攻勢で深まる苦悩

大阪経済部 黒田弁慶

[有料会員限定]

ゴミ収集車など特装車や、防衛関連の航空機を手がける新明和工業の株価が堅調だ。旧村上ファンド関係者が運営する投資会社レノ(東京・渋谷)が2割弱まで新明和株を買い進めたことを受け、7月31日に株価は年初来高値を付けた。その後も高値圏で推移しているが、新明和の経営陣に楽観ムードはない。物言う株主との攻防だけでなく、切り札の成長戦略にも黄信号が灯っているからだ。

レノは実質的に村上ファンドを率いた村上世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン