約2億円の寄付金に感謝 金足農、地元で報告会

2018/8/23 17:35
保存
共有
印刷
その他

第100回全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田県代表の金足農(秋田市)の選手らは23日、同校での始業式に続いて開かれた全校生徒や保護者、地域住民に向けた報告会に臨んだ。渡辺勉校長は同校に約1億9千万円の寄付が集まったことを明らかにし、感謝の言葉を述べた。

学校で行われた報告会に臨む吉田輝星投手(左から3人目)ら金足農ナイン(23日午前、秋田市)=共同

同校によると、寄付金は甲子園へ応援に行った生徒の旅費や、野球用品の購入などに充てる方針。余ったお金の使い道は未定としている。

全校生徒と詰めかけた市民ら約千人の前で、中泉一豊監督やエースの吉田輝星投手らが、甲子園での熱戦の軌跡を報告。佐々木大夢主将が渡辺校長に準優勝の盾を贈呈した。渡辺校長は「声援をいただきありがたい。選手は準優勝を自分の未来を切り開くきっかけにしてほしい」と話した。

報告会後の記者会見で、吉田投手は「たくさんの応援の中で準優勝できたことは一生の宝物だ。決勝で大敗したが、次のステージへ成長する土台としたい」と話した。甲子園の自己採点を問われると、「存分に楽しめたので百点満点だ」と笑顔で答えた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]