2018年11月14日(水)

前立腺がん治療薬 アステラス、試験終了前倒し

ヘルスケア
2018/8/23 17:28
保存
共有
印刷
その他

アステラス製薬は23日、米ファイザーと共同開発している前立腺がん治療薬「イクスタンジ」の2つの臨床試験(治験)の終了時期を当初より9カ月~1年半程度前倒しすると発表した。同製品は2018年3月期の売上高が3千億円近く、20年代中のピーク時には年間4千億~5千億円の売上高を目指している。27年以降に薬のタネの特許が切れるため、適応範囲を早期に広げたい考え。

同社は薬剤療法などで耐性がつく前の初期段階の患者に適応を広げようとしている。今回2つの試験で、主要評価項目の確認の患者数を減らすなどした。「試験がある程度良好だったため問題ない」(同社)と判断した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報