/

この記事は会員限定です

乗り合いタクシー、地域の足に 第一交通産業・田中社長

この人に聞く

[有料会員限定]

約8300台のタクシーを34都道府県で運行する国内最大手の第一交通産業(北九州市)が乗り合いタクシーを積極展開している。現在は45市町村で約140路線を運行。路線バスなどがなくなった地域を走り、事前予約があれば決まった時間に自宅の近くなどで乗車できる仕組みが多い。全国ハイヤー・タクシー連合会(全タク連)副会長も務める田中亮一郎社長に事業の将来性などを聞いた。

――本格的に始めた経緯は。

「7~8年前から各地の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン