政策会議のスリム化検討 諮問会議・未来投資に集約案

2018/8/23 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は今秋にも安倍晋三首相が出席する経済政策に関する会議をスリム化する検討に入った。一億総活躍や働き方改革などの会議が山積し、複数の会議で同一の課題を検討したり、事実上の休眠状態に陥ったりしているためだ。経済財政諮問会議と未来投資会議の2会議への集約を軸に調整する。9月の自民党総裁選での3選を見据え、重要政策を進めやすくする狙いがある。

安倍政権は2012年の発足時に金融緩和や財政出動を柱とした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]