2018年11月21日(水)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

オリックス、アルバースと2年契約 ジンクス破るか

2018/8/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

今年のプロ野球は新外国人投手の当たり年だ。ロッテのボルシンガー、中日のガルシアがすでに2けた勝利を挙げ、日本ハムのマルティネスも10勝投手の仲間入りをしそうな気配だ。

オリックスの先発左腕アルバースは10勝目を目前にして腰痛に見舞われ、18日に1軍登録を抹消された。しかし、球団は回復、再起を確信し、新たに来季からの2年契約を結んだ。まじめな32歳への期待のほどがうかがえる。

アルバースは安定感のある投球で5月から7連勝を飾った=共同

アルバースは安定感のある投球で5月から7連勝を飾った=共同

来日当初の評判は芳しくなかった。多彩な変化球を駆使し、制球もいいが、球威不足に不安を抱かれた。だが、実戦になると評価が一変した。内外角、高低いっぱいに球を散らし、打者を幻惑した。ストライク勝負を強行する外国人には珍しく「ボールの使い方がうまい」と、首脳陣の見方も変わった。5月から6月にかけて7連勝。一時は最多勝争いのトップに立った。

若い若月健矢捕手のリードを持ち上げながらも、自身は闘争的な姿勢を保ち続けた。「技巧派」に分類されるのを好まず、「勝負事はなんでも勝たぬと気が済まぬ。親類の幼い子供らとのカード遊びでも」と笑った。

ところが、6月26日に9勝目をマークしたあと、すっかり勝ち星から見放された。打線に故障者が続出し、援護が得られなくなった。好調だった救援陣にも疲れが出て、先発陣の白星を消す試合が増えた。そもそもアルバースの投球を見た限り、この間に腰にかすかな違和感を覚えていたように見えた。

故障を承知した、新たな2年契約に問題はないのか。オリックスの元球団代表の井箟重慶さんは、在任中から選手の複数年契約に反対していた。

アルバースのケースを特定したわけではないが、「複数年契約だと、どうしても1年目は緩む。意識するかどうかは別にして、契約切れの年に頑張ればいい、ということになる」。

それを防ぐ対策は、高いインセンティブ(出来高払い)を設定するか、もう一人の外国人を獲得し、競争相手としてぶつけることだ。球団経営にとって、余計な問題が派生する。これはなにも、外国人に限ったことではなく、フリーエージェント(FA)の日本人選手の契約でも同じことだ。

今季のオリックスはBクラスに沈んだまま、なかなかはい上がれない。投手陣の両輪、金子千尋、西勇輝の調子が上がらないので、チームに勢いがつかない。これで来季のアルバースが複数年契約1年目症状に陥ると、救いようがない。そうならないことを願うばかりだ。

(スポーツライター 浜田昭八)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
指名あいさつに訪れた中日の与田監督(右)と握手する根尾=共同共同

 10月25日に行われた今年のプロ野球ドラフト会議は、西武を除く11球団が高校生野手を1位指名し競合する、異例の展開になった。中でも注目されたのが、大阪桐蔭の史上初となる2度目の甲子園春夏連覇に貢献し …続き (11/10)

2016年からコーチを務めてきた西村新監督はチーム状況を熟知している(11日の就任記者会見)=共同共同

 「優勝争いできるチームにするのが私の役目」と、オリックス新監督の西村徳文(58)は気負った様子もなく言った。2018年は首位西武に21.5ゲーム差の4位。3年間ヘッドコーチを務めたから状況は把握して …続き (10/27)

梅野(左)は批判にも落ち込まず、再びポジションを奪取した=共同共同

 人気球団阪神のユニホームを着ると、プレー以外にメディア対応という面倒な仕事をこなさねばならない。プロとして当然の責務だが、取り巻く取材陣が桁外れに多い。それでも毎試合、誠実に対応する選手がいる。梅野 …続き (9/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]