2018年11月21日(水)

京セラ、プリンター技術で白血球を簡単に取り出し 血液診断迅速化

ヘルスケア
関西
2018/8/23 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京セラは業務用プリンターの印刷技術を応用し、血液から白血球を簡単に取り出せる機器を開発した。プラスチック板の内部に非常に細い通り道を設けてふるいにかけるしくみで白血球を取り出す作業を無人化し、時間も3分の1に短縮できる。白血球から遺伝情報を読み取り、がんや難病の遺伝子検査に利用できるなど、血液診断や創薬の迅速化につながる。

開発した「細胞分離デバイス」は7.5センチ×3.5センチの名刺大の透明な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報