/

中小企業の働き方改革に補助、品川区

東京都品川区は働き方改革に取り組む中小企業への補助制度を設けた。子育てや介護を理由とする休暇制度の創設などを目指し、企業が社会保険労務士などにコンサルティングを依頼する経費を助成する。社内への育児施設の整備にも補助金を支給する。人手不足が続くなか、区内企業の労働環境の改善を後押しし、採用の定着などにつなげる狙いだ。

区によると、働き方改革を進める企業への補助制度は都内でも珍しいという。

企業がコンサルを受ける料金の3分の2を助成する。上限額は100万円。従業員の意識調査や就業規則の見直し、長時間労働の是正などに取り組む企業を対象にする。実際に、社員が働く時間を自由に選べるフレックスタイム制度を導入したり、介護や子育てを理由とした休暇制度を設けたりした企業には10万円の奨励金を出す。

仕事と子育ての両立も支援する。事業所に育児スペースを設ける企業には100万円を上限に工事費の半額を支給する。従業員が一時的に子どもを預けられる簡易な施設を補助の対象にする。

いずれの補助金も年間を通じて申請を受け付ける。関連費用として区は2018年度予算に約1000万円を計上した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン