/

総菜 病院食を参考に スーパーのマルエー、栄養バランス配慮

石川県の地場スーパー、マルエー(白山市)は22日、地域の病院の管理栄養士が監修した総菜の販売を始めた。野菜を主体に1食330キロカロリー、塩分を2.5グラム未満に抑えるなど栄養バランスに配慮した。客の健康志向の高まりに対応し、県内の全27店舗で取り扱う。

商品名は「からだデリ」。全国国立病院管理栄養士協議会が考案した病院食の献立を基に、金沢市内の食品加工会社が製造する。県内産の調味味噌を使うなど地元の味にこだわった。

主菜はアジの南蛮漬けと、鶏と野菜の味噌煮込みの2種類を用意し、価格はいずれも538円。今後、メニューを増やす方針という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン