2019年8月23日(金)

葉物野菜の高騰一服 キュウリやトマトは高く

2018/8/22 19:40
保存
共有
印刷
その他

猛暑で高騰した葉物野菜が値下がりしてきた。群馬や長野産の出荷が増え、レタスの小売価格は8月上旬のピークより2割、キャベツは1割下がった。スーパーではカットした野菜の拡充などによる消費喚起の効果も出てきた。ただ平年(過去5年平均)に比べると価格は高い。東北や北海道の低温でキュウリやトマトの出荷が減るなど値上がりが続く野菜も多い。

葉物野菜は猛暑で激減した産地の出荷が上向いてきた(都内のスーパー)

「台風12号が来て生育が進んだ」。レタスの主産地であるJA長野八ケ岳(長野県南牧村)の担当者は話す。7月下旬は出荷量が前年の半分近くに減ったが、7月末の台風上陸前後から雨で生育が進み、足元の出荷量は「前年並みに戻った」(同)としている。

東京都中央卸売市場の8月中旬時点のレタス出荷量もほぼ前年並みに回復した。卸値は1キロ112円と前年より1~2%ほど安い。キャベツの主産地、JA嬬恋村(群馬県嬬恋村)も「8月上旬から生育状況が回復し、足元は前年並みの量が出ている」という。

スーパーなどの店頭では上昇が続いた葉物野菜の価格が下がり、消費が上向く兆しも出てきた。東京都港区のスーパーを訪れた主婦は「生活必需品の野菜が安くなって安心した」と語る。

東京都練馬区のスーパーであるアキダイの秋葉弘道社長は「一番高かった時期と比べると、キャベツの1玉サイズが倍近く売れている」と話す。同社はサイズを2分の1にカットした野菜の販売を増やしており「売れ行きは8月の平年より2~3割多くなった」。

一方、トマトやキュウリといった果菜類は北海道や東北での低温が響いて店頭価格の上昇が続く。東京・大田の青果卸は「北海道、東北が主産地の果菜類は出荷が減りそうだ」と懸念する。

トマト産地であるJAびらとり(北海道平取町)の担当者は「今年は日照不足で収量が少ない」と嘆く。日照不足で花が落ちて実がつかなくなるなどの被害が出た。キュウリ産地のJA全農いわて(盛岡市)は「気温が上がらず生育が止まった」としている。

日本列島に接近している台風20号の影響を懸念する声もあがっている。キュウリ産地のJA全農福島(福島市)の担当者は「強風で傷ついて品質が低下するかもしれない」と懸念する。天候次第では値上がり要因になる恐れがある。

葉物野菜を含め、小売価格は平年に比べれば高水準だ。農林水産省が22日に発表した食品価格動向調査(13日~15日、全国平均)によると、レタスは平年比8%高い1キロ470円、キャベツは53%高い230円だった。トマトは742円と27%高く、キュウリは1キロ708円と42%高い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。