/

この記事は会員限定です

動き出す国内原発再編、2陣営に集約も

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスの福島第1原子力発電所の事故を機に浮上した原発再編が動き出す。東電と中部電力日立製作所東芝が原子力事業で提携協議に入った。4社の背中を押したのは「1社では事業を担えない」という共通の焦り。原発事業は世界的にコストが膨らむ傾向にある。今回の提携が呼び水となり、国内原発はもう一つの連合との2陣営時代を迎えるとの見方も出ている。

「事業統合しないと意味がない」。ある幹部はこう話す。今後の具体的な提携に向けた覚書を交わした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン