/

この記事は会員限定です

中部電、浜岡の運営費用重荷に 原子力事業で提携へ

[有料会員限定]

中部電力東京電力ホールディングス日立製作所東芝と原子力事業の提携に向け協議に入った。背景にあるのが浜岡原発(静岡県御前崎市)の先行きに対する危機感だ。再稼働の見通しが立たない中、安全対策費用は現在計画しているだけでも4000億円規模にのぼり、一段と膨らむ公算が大きい。運営コストの削減が課題になる。

4社は国内原発の保守管理など、手掛けやすい分野から協力関係を深めたい考え。原子力事業の運営コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン