/

この記事は会員限定です

日本は自分の国 外国人自ら「町の力に」

ポスト平成の未来学

[有料会員限定]

コンビニや飲食店の接客場面で外国人が増えた。2065年には総人口が9千万人を切るとされる日本。国も外国人労働者を受け入れる政策を進めるなか、既に移り住んだ人が外国人街をつくっているという。どんな町なのか。僕(35)はさっそく出かけた。

「コンニチハ!」。8月上旬の土曜日、埼玉県川口市の公民館。目をキラキラ輝かせたクルド人の子供たちだ。地元女性が運営する日本語教室では、20人ほどが夏休みの宿題を机に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2684文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン