2018年11月13日(火)

タカラバイオ、韓国製薬大手とがん治療薬で提携

ヘルスケア
関西
2018/8/22 18:00
保存
共有
印刷
その他

タカラバイオは22日、韓国製薬大手の東亜STとライセンス契約を結んだと発表した。がん治療で使う腫瘍溶解性ウイルス「C―REV」(旧称「HF10」)の韓国における開発・販売権を譲渡する一方、製造権は保持する。契約に伴いタカラバイオが受け取る一時金と開発の進捗に応じた達成金は最大3億円。

同ウイルスをめぐり16年に大塚製薬と国内における開発・販売に関するライセンス契約を結んでいるが、海外企業と契約を結ぶのは初めて。タカラバイオは国内で「C―REV」を活用し、悪性黒色腫(メラノーマ)とすい臓がんなどの腫瘍を対象に治験を進めている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報