2019年1月20日(日)

米SNS、イラン関与疑いの不審ページを相次ぎ摘発
ロシアに次ぎ米内政に介入意図か 中間選挙に向け中国、北朝鮮も警戒

2018/8/22 17:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】米交流サイト(SNS)が「イラン対応」に追われている。フェイスブックとツイッターは21日、共に数百件規模で不正投稿を削除したと発表した。ロシアの悪用が指摘されてきたSNSだが、イランも同様の動きをとっていた可能性が高いという。悪意ある国家がSNSで他国の人心を操作する危うい現実が浮き彫りになってきた。

米国では11月の議会中間選挙に向け、中国や北朝鮮によるインターネッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報