2018年11月16日(金)

次期戦闘機、日本で5割超生産 日米同盟の基盤強化
【イブニングスクープ】

日本の守り
政治
北米
2018/8/22 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本が2030年をメドに導入する次期戦闘機を巡り、米防衛大手ロッキード・マーチンが防衛省に提出した開発計画が分かった。同社のF22を主体に改修し、日本企業に開発・生産の分担比率50%以上を認めた。「門外不出」とされたF22の技術を使った戦闘機でエンジンも含め日本企業主導にできれば、日米同盟と国内防衛産業の基盤強化につながる。

【関連記事】次期戦闘機、価格抑制が課題 米の技術開示どこまで

F22はレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

次期戦闘機、ロッキードがF22・35主体案[有料会員限定]

2018/7/13 22:10

防衛予算、過去最大 19年度概算要求[有料会員限定]

2018/8/22 10:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報