/

NAFTA、米メキシコ合意23日発表か 米紙報道

【ワシントン=鳳山太成、メキシコシティ=丸山修一】米国とメキシコで協議を進めている北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、トランプ米政権が2国間合意を23日に発表する方向で調整していることが分かった。米政治紙ポリティコ電子版が21日報じた。両国の協議がまとまれば日本の自動車メーカーは投資環境を見通しやすくなる。ただ交渉は大詰めを迎えているものの、23日までに合意できるかどうかは流動的だ。

同紙によると、ホワイトハウスはトランプ米大統領がメキシコとの合意を発表する準備を進めているという。メキシコは12月に次期政権が発足するが、退陣するペニャニエト現大統領が在職中に署名するには、8月25日までに合意する必要があるとしている。

ロイター通信によると、メキシコの次期政権でNAFTA再交渉の首席交渉官に指名されているヘスス・セアデ氏は21日、ワシントンで記者団に対して「交渉は相当な前進をみせている」と話した。米国とメキシコの担当閣僚は当初予定よりも1日遅れた22日に会合を開く見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン