2018年9月22日(土)

「雇い止め」巡り訴訟相次ぐ 無期転換ルール本格化で

法務・ガバナンス
2018/8/26 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 雇用契約を更新されない雇い止めを不服として、契約社員などの有期労働者が勤務先を訴える裁判が相次いでいる。労働契約法が定める更新期待権を根拠に無効を求める内容だ。産業界には4月に本格適用が始まった「無期転換ルール」を踏まえ、雇用契約の更新者を絞る動きが出ており、紛争は広がる可能性がある。(シニア・エディター 礒哲司)

 「TOTO勤務は派遣社員時代と合わせて12年。この歳月は私にとってとても大きい」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報