2018年11月20日(火)

11/20 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日産自株、私設取引で3%安 東京地検特捜部がゴーン会長を事情聴取との報道[有料会員限定]
  2. 2位: RIZAP、「負ののれん」営業利益の6割に[有料会員限定]
  3. 3位: クジラが買う脱炭素銘柄 弱気相場の支え期待[有料会員限定]
  4. 4位: 落日GE、もろ刃の効率経営(一目均衡)
  5. 5位: 市場予想との乖離率 ソニーや京セラが上振れ[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,821.16 +140.82
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,840 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

マーケット > 海外 > NY特急便 > 記事

NY特急便

フォローする

過去最長の米強気相場が意味するもの
米州総局 宮本岳則

2018/8/22 7:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国株市場が21日、「強気相場」の最長記録に並んだ。波乱なく22日を終えれば、高値から20%以上の下落をみない期間が3453日に伸び、2000年以来、約18年ぶりに記録を塗り替える。今週は対中国の追加関税発動など重要イベントを控えるが、21日のS&P500種株価指数は一時、史上最高値をつけるなど、米国株の強さを再確認した一日となった。“過去最強"の米国相場が意味するものとは何か。

米調査会社CF…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

ニューヨーク市場の動き

電子版トップマーケットトップ

NY特急便 一覧

フォローする

読まれたコラム