/

この記事は会員限定です

東電・中部電、原発事業で提携 日立、東芝も参画

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス中部電力が原子力事業で提携協議に入った。日立製作所東芝も参画し、電力と電機大手の4社連合を形成する。国内原発の建設再開や廃炉作業の共同化を検討するほか、保守管理を担う新会社を4社で設立する案が出ている。原発事業全体の統合も視野に入れる。東電の原発事故を契機に浮上した原子力事業再編が動き出した。

4社は今後の具体的な提携に向けた覚書を交わした。東電や中部電などは福島第1原発と同型の沸騰水型軽水炉(BWR)と呼ばれる原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り688文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン